ShapeCreated with Sketch.
ホーム
ShapeCreated with Sketch.
検索
PathCreated with Sketch.
マイリスト
ShapeCreated with Sketch.
設定
OOParts
E×E

E×E

ゆずソフト / 2007R18

火事が起こった。 八坂総合病院で起こったその火事は、付近を巻き込むほどの大火災となって沢山の被害をもたらした。 そこには、とある研究のために病院で働いていた伏見籐矢の母親、伏見鈴乃も含まれていた。

………

火事から10年、籐矢は人並みの幸せと不幸せを味わいなら、ごくごく普通に成長する。 しかし、未だ彼の心には母親を失った事故の記憶が深く刻み込まれていた。 燃え盛る炎と、何も出来ない子供の自分、そして母を失ったという過去。 そんな悲しみを抱えながらも、妹の真姫奈と姉のような白峯沙耶と楽しく暮らしていた。 そんなある日―― いつもの日常を送る籐矢は見知った顔の女性を見かける。 それはどう見ても伏見鈴乃にしか見えない女性だった。 籐矢はどうしてもその女性のことが気になり、その姿を追いかける。

そして対面した女性は、間違いなく自分の母親であった。 その母と会話する籐矢だが、どこか、違和感を覚える。 そんな籐矢に対して、鈴乃は笑いながら襲い掛かってきた。 自分の母親に突然襲われ、抵抗することもままならずそのまま命の危機に晒される。 そこに突如現れた日本刀を手にした女性が籐矢の命を救うが――

死んだはずの母親が生きている理由、目的、その行動。 そして、母親が関わっていたという研究……

全てがわからぬまま困惑すると同時に、籐矢の胸の奥にはとある気持ちが湧き上がる。

母さんが生きているなら……今ならまだ……

――抱え込んだ悲しみと過去と対峙する伏見籐矢は、真実を求めて歩き出す。

© ゆずソフト / EOCS : 23468F